何も咲かない寒い日は...。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒルクライムinダルガ峰参加、まずまず頑張れた

<<   作成日時 : 2016/09/26 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月25日,ヒルクライムinダルガ峰に参加してきました.
このレースは縁があって毎年参加している,僕にとっては「定点観測」的なヒルクライム.今年もひとりでエントリー.目標は年代別クラス40代での一桁順位.
前日の土曜日は会社の出勤日だったけど思い切って有給休暇を取って移動日に当てる.15時頃に現地について試走,1年ぶりの激坂を味わう.スタートからの距離と坂の印象・サイコンに表示される勾配を確認しながら走るが,やはり普通に登っても脚を使うコース.勝負は7.5キロ辺りまでの登り区間をどれだけ耐えられるか.ゴール地点は秋の気配.
画像

下山して,温泉でのんびり.早めに就寝.
画像

レース当日,曇り,5時半起床.ゆっくり1キロほど散歩,おにぎりとバナナで朝食,ジャージに着替えて軽くアップ3キロ程度.そのまま受付へ.ナンバーつけて,ゼッケンつけて準備万端.時間があるので周辺をうろうろしながら少しだけ脚を回す.9時10分に開会式,その後はみんなでスタート地点に移動.スタート地点に着くとまだ時間があるので1.5キロくらいコースを登って戻ると既に出走コールが始まっていた.スタートはクラス別で10時から2分おき,僕はCクラスなので10時4分にスタート.
程良い緊張感の中,スタート.後方からの出発なので,比較的選手が少ない右側を使って走り集団の真ん中くらいを位置取りして前半の2キロ登坂区間.前方ではひとりダンシングで飛び出している様子.この区間はあまり踏みすぎないように気をつけてシッティングで登る.自然に落ちてくる選手を抜きながらペースを維持して登りきり,下り区間.前に選手がいたのでつかせてもらってトンネルクリア,いよいよ1キロほどの激坂に突入.ここではただただ踏ん張る.一緒に坂に入った選手より先行しているようだが後ろを確認する余裕はない.別のクラスの選手を数名抜きながら走る.しかし,永遠と続くように感じる激坂,サイコン表示は16%,でも終わらない坂はないと言い聞かせて淡々と登る.ようやく激坂区間を終えるが,直ぐに2.5キロ程度の登坂.ここも結構勾配があってもうヘロヘロ.はっきり覚えていないが,薄い記憶ではこの区間の前半で後ろから来た同じクラスの選手に数名抜かれたと思う.もう,自分がどの順位あたりを走っているかわかっていない.だけど,毎年この辺りでタレて,結果クラス一桁順位に入れなかったことを思い出し,踏ん張る,ここが勝負.さて,勝負所の登坂区間を終えて勾配が緩くなる区間へ.同じクラス・別のクラスの選手数名と抜きつ抜かれつ走る.追いついたBクラスの選手とは2分のスタート差があるけど,この区間では強い人が多いので少しだけ後ろにつかせてもらってタイムを稼ぐ.終盤は後ろから数名が追いついてきて一緒に走行,ラスト200mの登りに突入.下ハン持ってダンシング,ひとり先行を許してゴール,同じクラスの選手だと思うので,この差が結果的に目標達成に響くかも,と思うと悔しい.
ゴール後,フラフラ,これまで参加したこのレースの中で一番しんどかった.ゴール地点は霧で幻想的,ともかく今年も頑張った.定点観測的には伸び代は残ってる,まだまだこれから.
画像

ウォーマーつけて下山,毎年恒例のご褒美の豚汁.
画像

温泉で汗を流して,リザルト確認.目標の年代別クラス一桁順位は達成できていて,少し嬉しい.疲労感と少しの達成感を抱えて帰路へ.
今回も,出発前は直接,現地へ移動後もSNSでたくさんの応援をいただき,それが背中を押してくれました.ありがとうございます.これからももっと上を目指して頑張ろうと思います.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お友達

ヒルクライムinダルガ峰参加、まずまず頑張れた 何も咲かない寒い日は...。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる